あがり症はギフトです。

こんにちは。
ボイス&メンタルチェンジメソッド代表 五十嵐啓喬です。

 

「あがり症を克服しよう!」

「もっと、自分を出そう!!」

そう言われても、全然、ピンとこない時期が長かったです。

 

—今では、こういう認識をもっています。—

緊張しやすい体質の人は、頑張り屋さんが多い

 

そして、辛抱強い。

デリケートでもあります。

僕も、表面上はポーカーフェイスだけど、実際は結構な繊細さん気質です。

 

子供の頃は内弁慶でした。

気心の通じた、仲間うちでは生き生きしてました。

それが、ちょっと人数が増えると一転して、無口になるんです。

 

4~5人とか、ある程度の規模でグループになった途端、
会話に入れなくなってしまいます。

 

だから、そういう場から逃げる傾向が強かった。

 

そうすると、出入りできない領域ができてしまうんですね。

不自由な人間関係の中に、甘んじてなければならないんです。

 

 

  • 人に対する苦手意識から、交流する機会を避けてしまう
  • 苦手な人のいる場所では極端なほど存在を消している=影を薄くしている
  • 人前で何か自分の意見を言うことが、ほとんどない。

こういう状況だと、周囲から認められるのは難しいですね。
最悪、まわりからちゃんと認知されることすら、危うくなってきてしまいます。

 

何十年もの間、僕は人間関係において、妥協して生きてきました。

自分らしさなんて、出せることがなかった。

だから、これからいう話をどうか聞いてください。

あがり症を嫌わないで。

これからあがり症を克服していくアナタに、是非、聞いてもらいたいことがあります。

「あがり症の今の自分を、嫌わないで欲しい」ということです。

理由は、
自分を嫌ったり否定する行為は、それ自体がパワーを下げてしまうからです。

あがり症は病気の一種です。
なので、本質的には「エネルギー低下」によって引き起こされます。

 

「メンタルの地盤沈下」
「意識の分散」

これらがあわさって
様々な問題が合併症みたいに起きてきます。

でも、仕組をちゃんと理解して正しい手順をふめば、解決することができるのです。

 

声の震えはなかなか治らない

僕は人前にたつと突然、

「声がうわずる」「声の震える」「息が吸えない&吐けない」
という症状が出てしまうことで困っていました。

いろんな施術をうけたり、トレーニングを試しましたが
どれもうまくいかず、失敗続きでした。

今となっては、克服できる方法に負けないくらい
克服できない方法にも詳しいです。

なので、もう一度言います。

まずは、今のあがり症の自分を嫌わないでください。

その上で、正しい手順をふんで克服していきましょう。

 

見える景色がガラっと変わるんですから。

 

あがり症が治ると、どうなるか?

考えてみただけで、ワクワクしませんか?

—- コミュニケーション力がつくと何が変わるのか? —–

 

周囲の人や重要な相手と普通に付き合えるだけで、いろんな結果が変わってきます。

 

まず、チャレンジできるようになります。

これ、凄く大事なことです。

 

だって、たった一度の人生なんですよ。

その中で行使できるもの=選択肢が各段に広がるんですからね。

 

想像してみてください。

 

人前で話せるようになる。

誰かに何か
伝えることが楽しくて仕方がなくなる。

 

信じられますか?

 

僕は、信じられませんでした。

想像もできなかった。

 

でも、できるのです。

これまでは、何日かあとに大勢の前で話をする予定が入ったりすると

もう、何日も前から、生きてる心地がしなかった。

 

それが、ちょっと準備しただけで、
スピーチに対するストレスは激減している。

自分の主張だってできるようになる。

それができるようになると
当然ですが、もっとずっと輝いた人生が送れるようになります。

 

仕事なら、結果の出方がガラリと変わります。

 

 

僕は営業をやっていたから、わかります。

あがり症というのは、もの凄いハンデですよね?

 

でも、克服できたら、仕事の進め方が激変しますからね。

本来もってるセンスや能力を自然に発揮できるようになります。

 

人は、不安や緊張から委縮した状態で、能力を発揮するというのは、無理なんですよ。

 

だから、
ストレスが減って楽になる事は、「必要」どころか「必須」なんです。

そして、自分の力が発揮できるようになって

 

はじめて

 

仲間やチームのことも考えられる人間になっていきます。

 

 

逆にいうと、あがり症で、いっぱいいっぱいなまま、世話をやいたり先輩役、上司役を演じるというのは、相当辛いことなのです。

本来は、社会的な地位が上がるにつけてコミュニケーションの力量も成長していくべきものです。

ですが、あがり症というのは、記憶に根ざした病気のようなものなので

スキルを学んだり、場数をふんだりしても改善されるものではありません。

 

メンタル

話し方

 

この3点セットで改善していくのが、ボイス&メンタルチェンジメソッドです。

 

改善していった先には、質の高いコミュニケーションで結果が出せる自分がいます。

 

今は1対1のコミュニケーションにかたよっているかもしれないです。

 

でも、徐々に1対複数のコミニケーションができるようになっていくと、

 

その重要性に気づいてきます。

 

ステージが上がると言うのは、人前で話すことができるということに大きく影響します。

 

 

 

1対複数のコミュニケーションができたほうが、存在感があるし、周囲の評価も高いからです。

 

 

 

 

 

なぜ人は緊張するのか?

 

その対策のためには、そもそものメカニズムを知る事が必要です

 

 

そして、心構えも大切です。

 

 

 

非常に残念ですが、

あがり症が良くならない人には、だいたい共通したパターンがあります。

 

 

1.言い訳をする人

 

言い訳をすることによって、行動しないのです。行動すればあがり症は良くなっていくのに行動しないから変われないままなのです

 

 

2.お金がない

 

これは「無料ですませよう」と考えることによって誤った情報にたよったり、思考停止になってしまうケース。

 

3.時間がない

 

これも残念なパターン。

 

結果をだすまでの時間が速い人は、必ずといっていいほど、先に結果を出した人からエッセンスを受け取ることでショートカットします。

 

つまり、能力があって時間がない人ほど時間を作って自己投資をしているのです。

 

 

4.自信がない

 

これも多かったです。

 

不思議だと思いませんか?

 

「自信がない」状態は、どこかで消えてストップするのでしょうか?

 

「自信が出てきてから行動する」っていう、その瞬間って訪れるのでしょうか?

 

 

ないですよね?

 

いつまでも行動しなかったらいつまでも自信がないままです

 

 

 

5.知識を得るだけで行動しない

 

このタイプも変わることができません

 

 

みんな脳やカラダに負荷をかけることから逃げたいのです。

 

僕もそうでしたから、声を大にしていいたい。

 

「気づきを得た」

 

「情報を得た」

 

「キッカケを得た」

 

 

 

これらは、本当は、全部いらないです。

 

実際には、試行錯誤しながら、カラダを通ったものだけが自分の糧になります。

 

 

 

 

 

だから、アナタには、「あがり症を克服する」試行錯誤の実践家になってほしい。

 

 

知っているだけでは、何の進歩もありません。

 

 

行動・修正・検証を続けることで

 

自分に必要な変化が起こせるのです。

 

僕と一緒に、あがり症を研究しませんか?

 

学ぶだけで終わらずに、研究して、試して、克服していきましょう。