あがり症を克服するとこんな経験もできるようになる?

あがり症を克服するとこんな経験もできるように・・・・? なる!

という話です。

どんなことかというと、それは「200人の前で講演」できるようになりました。

実は、ボイストレーナー時代に、ある「持ちネタ」があって、それを某大手流通企業からやって欲しいと依頼があったのです。

これは、私が有名だったからというわけでは、勿論なくて、、、。

友人のつてがあったお陰で、私のところに声をかけていただくことができたわけです。

が、それにしても200人というのは、なかなかの規模間でしょう?

すよね?

これができたのは「持ちネタ」だったから、というのは勿論ですよ。
なのですが、結局は、“ 話せた経験 ” がまずは1回でもあったら、その1個の成功体験を育んでいく。

それの延長線上に、10人、20人、50人、100人~200人の前でも話せるゴールがある。

そういう成長路線が実際にあるのです。

私だって、5~6人の前で声が震えていた張本人です。

でも、潜在意識の活用方法や慣らし方を1つずつマスターしていけば、着実に変化していく事ができるんです。

 

特に、声質の変化と体質の変化、そして同時進行して話術の変化もしていきますので、きっと実体験をまじえて「これならいける!」と確信してもらえると信じています。

 

人間は明るい過去と暗い過去の両方があった時に、つい暗い方ばかり意識してしまい自信をなくしてしまいがちです。

なにを隠そうこの私だって、昔はネガティブな記憶に引っ張られて、明るい未来をなかなか見れない時代が長かったのです。

でも、

声は裏切らない。

カラダも裏切らない。

そして、練習した分だけ進化はする。

だったら、できる事からはじめてみませんか?