あがり症を克服する方法

こんな事でお悩みではありませんか?

人前に立つと頭が真っ白になる
緊張しすぎて声が震えてしまう
人に見られていると手が震える
 スピーチや発表などの時に足が震える
よく人から聞き返される
 グループの中に入ると会話に入れない
 初対面だと緊張して何を話していいかわからない
 順序だてた説明ができない
アダルトチルドレンのため集団行動できない
  内向的な性格で友達ができない
いつも何かに不安を感じてビクビクしている

実は、私も同じことで悩んで時期が長く、解決できないままずっと悩んでいたのです


—- あがり症を解決する方法 —-

あがり症はなおらない
「何をやってもだめだ」

そうあきらめてませんか?
ちょっと待ってください!

あがり症が治らない悪循環から抜け出すことで毎日の生活はこんなに変わるのです!

 エネルギー漏れがなくなり元気に生きていける
 普通に話が楽しめるようになる
人がいてもリラックスして過ごせる
 声の震え、手足の震えがなくなる
緊張しても心がコントロールできるのでパニックにならない
 強いメンタルになるので本番につよくなる
いつも堂々としている
聞き心地のよい声で話せるようになる
心の奥にある「思い癖」がとれて性格が変わる
人間関係が重荷でなくなり日常生活でリラックスできるようになる
他人の言葉に過剰反応せず自分のペースが保てる
 
クライアント様の事例

【20代 女性 (OL)】
◎ビフォー(相談前)

表現活動をしているが本番で緊張してしまう
◎アフター(ご感想)
呼吸に感情をのせ、声と身体がつながる感覚が印象的でした。


【40代 女性 (主婦)】
◎ビフォー(相談前)
友人の結婚式でスピーチするが、慣れていないのであがらずに話がしたい。
◎アフター(ご感想)
話し方のテンプレートが便利だと思った。
事前に発声練習することで自信がでました。


【30代 男性 (経営者)】
◎ビフォー(相談前)

自分に自信がもてない。
少し結果が出ても「まだまだ」と追い込んでしまう。

◎アフター(ご感想)
自己肯定感を高める意識をもつことができました。
武道式のメンタルコントロールはすぐに使えました。


【40代 男性 (個人事業主)】
◎ビフォー(相談前)

緊張すると声がかすれる、声が震える。
◎アフター(ご感想)
声の震えをとる方法が具体的でした。
ボイトレ後の会合で「今までで一番よかった」と言われ評判でした。


【20代 女性 (学生)】
◎ビフォー(相談前)

グループの中に入ると会話に参加できなくなる。

◎アフター(ご感想)
人の輪にどうやって入っていくのか具体的にわかりました。


 


恥ずかしい過去を少しだけお話します。

 

 

 

 

 

 

【幼少時代】
・感情表現ゼロの内向的性格で極端な無口
・「声が小さい」「ハッキリ喋りなさい」と母に毎日叱られ
・顔が赤い(赤面症)で友達に笑われ
・神経性の下痢や頭痛、イボなどの皮膚の病気に悩んでいた。

【学生時代】
・発表すると「意味不明」と言われる極度な口下手
・外向的なクラスのメンバーに囲まれ浮きまくる日々を送り
・ただ大人しいだけの自分の性格に嫌気がさして悩み続けた

【サラリーマン時代】
・朝礼で頭が真っ白になり
・会議やミーティングでは声が震える
・得意先と会話が通じず「もう来なくていい」と出入り禁止

などのようなエピソードは書いたらキリがありません。
最上位のお客様からクレームを頂戴し上役や幹部と一緒に土下座して謝ったことさえあるほどです。

あの時は、本当に辛くて、帰り道に独りで泣きながら帰りました。

何か徹底的に足らないことが、当時はわかっていなかったのです。


一人でもがぎ続けた日々

結局、あがり症を解決するためには、この3つのステップが避けて通れないのです。

 


本や塾、講座やレッスンでいくらノウハウを学ぼうとしても空回りします。

その理由は、心の奥深くに「あがり症が解決できない悪循環」があるからです。

これは、過去の体験から刷り込まれたものなので、その刷り込み=悪いプログラムを良いプログラムに上書き更新しなければなりません。

 

~ あがり症を克服する方法 ~

≪本当にあがり症が克服できる2つの理由

1.ボイスチェンジ:ボイストレーニングで声と体質を根本から変える。
→人から見た印象がガラリと変わる
2.メンタルチェンジ:心理療法+脳科学をつかって悪循環から抜けだす。
→軸のある強いメンタルが身につく

*五十嵐式ボイス&メンタルチェンジメソッドは、
【ボイスチェンジ】
・堂々とした通る声が楽々出るようになります。
・心地よい響きを生み出す「体質改善」ができます。
・人間関係が楽になりグループの会話にも困らなくなります。
【メンタルチェンジ】
・「あがり症が治らない悪循環」からぬけメンタルブロックもはずれるので完全解決します。
・スポーツ選手が使う脳科学スキルとイメージトレーニングで能力が発揮できるようになります。
・「武道式」の集中力アップ法をつかった本番対策で結果が出るようになります。

声(ボイス)とメンタルを同時進行で変えるからこそ、確かな変化を肌で感じ取ることができます。


Q&A ~ こんな誤解(勘違い)をしていませんか?

Q1.「あがり症」関連の本を読んでいますが答えが見つかりません。 

A:私も、数えきれないほどの書籍や商材を買いました。またセミナーや講演にもいきました。
でも、そこで伝えられている内容は「講師の先生ご自身がうまくいった方法」にすぎないのです。
ですので、非常に残念なのですが、「私の問題=声の震え、極度の緊張」を解決できる方法はどこにも見つからなかったのです。
あがり症と一言にいっても、症状は人によって様々ですので、自分にあった解決方法を見極めるための情報を集めることから始めることが大切です。

Q2.ボイストレーニングで声の震えや性格は改善しますか?

A:あがり症は起きた出来事に極度に緊張してしまう心のプログラムが原因です。あがり症がなおらない悪循環にハマってしまうことが根本的に問題なのです。

ボイストレーニングは「声を大きくする」「場面にあった表現がうまくなる」などには効果的です。
しかし、声が震え、引っ込み思案などは子供時代の出来事や家庭の親子関係、友人関係の中でおきた事などが関係するため、傷をいやすなどの根本解決が必要です。ボイストレーニングでは治りません。

性格というものは「環境の影響」によって癖がついています。脳の中で悪いプログラムが動いているようなものです。これを変えるためには「癖をとる」「悪循環をとる」などシステムを上書きするような形で起動修正するのが一番だと考えます。

Q3.メンタルトレーニングであがり症は治りますか?

A:脳科学や心理学をつかった方法で「本番に強くなる」「気持ちを切りかえる」「感じ方を変える」などはできます。それでも、心の底にある傷をとったり「わかってはいるけど、できない。やめられない」といったブロック解除をしないとどうにもならない事もあるのです。

たとえ本番に強くなったとしても、具体的な「できた実感」がないと自信が定着しません。

その点、私がボイストレーニングを取り入れる理由は、「声がわり」は「心がわり」につながる。そして、その効果を自分自身で体感することができるからです。

人間関係というものは、他人からどの様に感じられているか?という表面的な印象だって大きく影響します。
コミュニケーション能力をあげるためのスキルやテクニックなど具体的な何かがセットになっていたほうがいいですね。その点、ボイストレーニングは声・心・身体を同時にかえるメソッドといえるので最適と考えます。

あがり症が最悪な『本当の理由』

緊張して手足が震えたり、人前でなにか話をしなければいけない場面で
頭が真っ白になってしまうあがり症は自然に治るものではありません。

放っておくと悪化してしまう事も多く、本来もっているはずの能力が発揮できないまま

出世に響いたり、、、
チャンスを逃したり、、、
本番でしくじったり、、、

引っ込み思案な性格のまま、望むものが手に入らず我慢する負け癖がついてしまいます。

恋愛はうまくいかず
夫婦関係でも問題がおきたり、
問題の多い日常を送っていくことになります。

つまり、生活の質と幸福度に大きな影響をあたえてしまうのが「あがり症」という病気です。

後悔ばかりの人生を歩いていって
あっという間に年をとり

死ぬ間際になって、過去をふりかえって、

「もっとチャレンジしておけばよかった・・・」

と、あなたには、絶対にこんな後悔はさせたくありません。

過去に、講座やセミナー、グループカウンセリングも受けにいきました。

でも、あがり症の悩みや苦しみは「人によって千差万別」なので、集団で受講しても効果が感じられませんでした。

また、催眠やボイストレーニングなども、イメージ力や体質によって効果の出かた方に個人差があります。

あなたは、本当に真剣にあがり症を克服したいと思っていますか?

 

一つだけ、間違いなく言えるのは、人間が変わるためには「環境」の力なくしてはありえないという事です。

声の震えや口下手、あがり症で長年、苦労をしました。
どうにかこうにか、少しだけ前に進むことのできたこの私と一緒に方法を試してみませんか?

もし、答えがイエスなら、、、、、


確かな「解決策」にコツコツと取り組み、明るい未来への扉を開く勇気はありますか?

 

私は、これまでの過去を振り返ってつくずく思うことがあります。

人生の流れを変えていくターニングポイントはたまたま行動できた時だったのです。

「エイヤ」と、反射的に一瞬で判断してやったような出来事です。

そのときは、何も思わなかった。でも、後になってふりかえったら大きな転機になっていた。

まずはじっくりとお話をお聞かせください。

 

一緒に行きましょう。

 

 

今です。

 

 

~ なぜ、口下手で極度のあがり症だった私が200人の前で話せるようになったのか? ~

・人前で声が震える
・緊張で頭が真っ白になる
・会話に自信がもてずに周囲から浮いているコミュ障のあなたでも大丈夫!

90日で圧倒的な存在感が身につき
仕事でも恋愛でもあなたの持ち味を 自然と発揮できるようになる

 

サラリーマン時代から長年にわたり「声が小さい」「緊張時に声が変わる&震える」等のあがり症問題や「自分に自信が持てない」「性格を変えたい」といった自己肯定感のテーマ、「自分にあった生き方」「自分探し」に関する悩みについて研究し続け、心理療法とボイストレーニング、万象学とを融合させた独自のメソッドを開発した。

起業後は脳科学を取り入れたアスリート向けコーチングの経験を積み、聖職者や学校の先生、プロサッカー選手から就活大学生、OLまでクライアント実績はのべ約400名。

食品業界で商談回数10,000回、出張プレゼン1000回をこなした独特の語り口で教える「口下手でも出来る営業コーチング」「商談が苦手な営業マンへのプレゼン・ボイトレ」は定評がある。

ボイス&メンタルチェンジ
代表 五十嵐啓喬