熟睡できた日のこと

今週になって
よく眠れるようになった。

ほんとうに
何年ぶりだろう?

1時間も寝れないで目の覚める日々が
もう数年間も、続いていた。

それが、今週になって、4時間~5時間も眠れている。

これは快挙だ。

眠れてみたわかったのは
「お金を稼ぐこと」より「海外旅行へいく」よりも
「ぐっする眠れる」のほうが重大ではないか?
という事だ。

 

ぐっすり眠って、起きて、本当にスッキリしている。

気分がいいので
朝風呂をわかしてつかってみる。

「天国」だった。

海外旅行なんていかなくても、
熟睡して朝風呂に使ったら天国だ。

風呂につかったら、
お腹がすいてくる。

「何を食べようか?」

「まあ、冷蔵庫にあるもんで何か作るしかない」と判断する。

キッチンで包丁を握っていて、気づいたことがあった。

私の中には、まだまだ
「~~してはならない」

「~~ねばならない」がたくさんあって、

そこから焦りの感情を生み出していた。

「眠らねばならない」もそうだ。
そこに気づいてから、変化するのが早かったのだ。

 

不安が減っていって
少しずつ眠れるようになってきた原因、

それは
自己虐待をしなくなったこと

「眠れない自分は問題である」
と解決を焦ることだって
自分で自分を苦しめる行為だ。

覚えておいてほしいことが1つ。

 

本当の意味で
あがり症を克服できたと思えるときは

「緊張しなくなった」ときではなく

「あがり症の自分のことを忘れている」ときなのだ。

 

こんなことに気づけたのも
ワークを進めたおかげだった。

過去とむきあって
いろんな感情を整理したり
デトックスされたからかもしれない。

 

あがり症なら、
「あがり症で苦しんている自分」そのものを癒してあげる。

不眠に関して言えば

眠れない自分に対して
「眠らなければならない!」
「眠れない自分をなんとかしなければ!」
なんて、葛藤するのをやめる。

だって
それは、自分で自分をイジメる行為だから。

そう。私には
そんな自分イジメのネタがたくさんあるのだ。

 

「あれもこれもやらなきゃ」とか。
「あんな事言って、大丈夫だったろうか?}とか。

「そろそろご飯をつくらないと」もそう。

休日の朝に
寝坊した自分に自己嫌悪する気持ちは

「1日の中でたくさんのことをしないとダメだ」という固定概念。

 

ウンザリするくらい

「○○しなきゃ!」
「○○ねばならない」

だらけだ。

それに気づいて、減らそうと思ったとき

役に立つマインドセットを発見した。

昔、動物の生態を扱った映画のワンシーンで

「子供を敵に敵に食われた親ゼブラ」の様子が印象に残っていた。

子どもが敵に食われて死んでしまった時、

2~3秒の間悲しい顔をしたのだけど

直後、すぐ立ち直って、何にも起きていなかったみたいに日常に戻っていった。

「ええ?なんか冷たくない??」と感じていた。

「子供が食われたんだから、もっと悲しんだら?」という気持ちだった。

でも、冷静に考えると、これは固定概念だ。

動物は動物らしく今に活きるだけなのだ。

自分のほうこそ

「悲しまないとならない」

を抱えている。

ありのまま、でいいのだ。

そういった「ねばならない系」の固定概念を

無意識にかかえているせいで

自己(無意識)虐待をしてきている自分に気づいた。

これを考えすぎてしまうと「自己虐待してはならない」という縛りが

更に加算されてしまうので、、、

「子供を食われた親ゼブラのように生きてみる」をイメージした。

・ぐっすり眠れる
・ゼブラにように生きる

この2だけあったら、人生は幸せになるのだと、本気で思っている。

 

メンタルブロックを開放するワークの

無料モニターを4月いっぱい(期間限定で)で募集しています。

 

「ねばならない」ブロックをとりたい方は

こちらの「料金・ご予約」の下のほうの初回お試しカウンセリングからどうぞ

*ご相談内容の欄に「ブロック開放希望」と書いて送ってください。