あがり症とお金の関係について

こんにちは、五十嵐です。

今日は珍しく「お金」について話しをしたいと思います。

普段、あんまり意識しないかもしれないけど、
でもお金って、メンタルに大きく影響するものです。

そもそも人間という生き物は
安心・安全のなかにないと、
持ってる力を十二分に発揮できません。

それから、考えなければならないことが
多くなればなるほど、頭の(脳の)ワーキングメモリが使われるので

その分だけ
考えたり判断したりする能力が
低下してしまうんですよね。

たとえば、私のまわりにも
立派な経営者の方は多いですけど

聞いた話では
社長のパフォーマンスが低下する理由のワンツーが

1.資金繰りに困っているとき
2.家内ともめているとき

なんだそうです。

振り返ってみると、確かに
若いころは「お金」が十分にないことが
ストレスになることがあった。

「もっとお金があれば、、、。「

「ボーナスが出るまで待っておこう。。。。」

こんな具合に、経済的な問題というのは常にネックになりますよね。

そうだ!

出会う人の質が変わってくるんですよね。
これは大きかったです。

あと逆にいうと、
いい「出会い」に恵まれていても
そこで「えい!」ってチャンスをつかむ思い切りが出なかったら
人生は開けていきません。

案外と「勇気」「勢い」だけで、
ガンガンいい人に出会って
人生が急展開している人もいます。

そういう人、何人も知っています。

いい出会いはチャンス。それをモノにすれば、人生は変わります。

チャンスをつかむっていうのは、そういうことですよね。

あがり症の何が問題かというと、
やっぱり行動に制限がかかっちゃうから、

今の自分に自信がもてないばっかりに
チャンスを掴みにいけなくなってしまいがち、という事。

あるいは

無意識的に逃げてしまうんです。

そして

困ったことに、本人はその事実に気づいていません。

すごい上手な言い訳をポンポン出してきますからね、潜在意識くんは。

「今回はパスで」
「準備できたら、いいよー」

とか

「自分はまだまだ」
「今度でいいよー」

とか

「なんか体調よくないし、またにしとこうよー」

とか

逃げ口実を作るときだけは
超一流クリエイティターばりの
アイデアマン&即断即決ぶりを発揮します。

この発想力、判断力、行動力

つまり「逃げる」ことに関して発揮されている能力を
前向きな行動力に転化できたら

きっとすごいことになるのに。。。

でも、無理もなかったなあ、、、

自分を振り返ると
やっぱり怖かったです。

失敗するの怖いし
そもそも話が浮かばない、

何を発現したらわからなくなって、、

そんな状態では
人前になんか出れたもんじゃなかった。

こんな風に
あがり症だと、
日ごろからいろんな場面で

ふいに色んな不安がつきまといますよね。

人前で何か話をしないとならない、
でも緊張で声が震えたらどうしよう。

初対面で対話をする必要がある、
でも何を話したらいいのかわからない。

コミュ力に自信がなかったら、
勇気がでなくなってしまうんですよ。

これを繰り返して
セルフイメージが低くなってしまうのがあがり症です。

そして、どんどん自信をなくしていく。
結果、更にコミュニケーション能力が
下がっていくのがあがり症です。

人間関係がなかなか
よくなっていかないと
人生の質を大幅に下げてしまいます。

あがり症って
いろんな問題に発展していくものなんですよ。

これを克服するのは、一段一段会談をのぼっていくのと同じ。

具体的なステップを踏んでいくんです。

 

セラピーで心配の種を溶かしていく

ボイトレで実践的なコミュ力の基礎を固め、強固なものにしていく。

現実的な目に見える効果、耳で聞こえる証拠を得て、自信が増えていきます。

「ああ、自分はこんなにも変わっている」

こんな風に自信の源となってくれるのが
響きのよい、芯の通ったアナタの声なのです。

 

「おはよう」
と挨拶するアナタの声は
すーっと軽く出ていて

それなのに部屋の奥まで
よく響いて通っていく。

心地よく耳に届く
透き通った声だから

周囲の耳にもやわらかく聞こえて

まわりのみんなからも
さわやかな反応が返ってくる。

あいさつの連鎖は
仲間うちに温かい空気を広げていく。

1日のスタートが
本当に気持ちのいいので

安心がやる気にかわっていって
メンタルの調子があがっていくのがわかる。

気分がいいから
思いついた言葉がポンポンでてくる。

 

なにげない会話で、また自分の声をきく。

「よし、今日も、いい声がでているな」

確かな進歩を感じて、自信はますます増えていく。

なんだか胸が躍っている。

まだまだ伸びしろが全然残っていて、そのゴールにむけて、何をどう取り組んでいけばいいのかも理解している。

未来が明るい。

毎日が楽しい。

 

そんな未来にむかって一緒に歩み出しませんか?